代官山・中目黒・恵比寿のイメージコンサルティングcolor&style+335 パーソナルカラー&骨格診断(骨格スタイル分析)による「似合う」のご提案
恋愛・婚活/ウェディング・ブライダル/イメージチェンジ/第一印象UP/マーケティング支援/各種セミナー・レッスン開催
04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
CATEGORY: スポンサー広告   投稿者:misaco
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY: [2010.01-13.12]   投稿者:misaco
今日は、「最近ブログ更新してないねー」と言われたので
はっ!!!と思い更新してみます。


そうですね。。。


最近の私は、「立ち止まって」います。
いました。かな?


そういうときの私は。
誰にも会いたくないし、話したくなくなってしまう傾向にあります。
結果、8割方音信不通。。。

心配かけてごめんなさい。



で、この数週間
何を考えていたかというと。


「感性と理論」についてです。(←まさかの!?そんなこと?!)



私とちょっと話した方や
ものづくり、仕掛けに関して一緒に仕事をした方は
私のことを「超感覚派」
と思うことが多いみたいです。


でも、長期間一緒にいたり、
仕事の中身によっては
「超ロジカルだね」と言われたりします。



自分はどっちなんだろう。
と、わからなくなりました。


で、そういうことを悩んでいたのです。(←あほですね)


ためしに。
自分の「感覚」的なところを「理論」にしてみようとしました。
・・・・。
・・・・。
・・・・。



そうすると、できなかったんですよね。



具体的な何かがあれば、いくらだってできるんですけど。


「どうしてそれがすきなの?」
とか聞かれたらわりと明確に論理的に応えられたりするんです。


でもひとつひとつの論理ではなく
全体として。
自分の「感覚」自体を「理論」で置き換えてみようと思うと。

それはできなくて。


悩んでいました。


今、自分の「感性」や「感覚」を「理論」として語ることができたら
いいなぁ。


と思い悩みつつ
語ることができる自分を夢みていたのです。


次に、自分に必要なのはこれ(感覚を理論化すること)かも。
と思ったりしていました。



で、ここまで書いて読み返して
「論理」と「理論」を使い分けていることに気づきました。
でも、それは「感覚」なんです。


以上。
関連記事

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

 | HOME | 

まとめ Design管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。