代官山・中目黒・恵比寿のイメージコンサルティングcolor&style+335 パーソナルカラー&骨格診断(骨格スタイル分析)による「似合う」のご提案
恋愛・婚活/ウェディング・ブライダル/イメージチェンジ/第一印象UP/マーケティング支援/各種セミナー・レッスン開催
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
CATEGORY: スポンサー広告   投稿者:misaco
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
この空白の期間に、

三十路になりました。



更新しなかったのは、三十路になったこと。とは

まったく関係ないですよ。ちなみに。








お誕生日は、昔からずっとずっと憧れていた

『秋の京都』へ行ってまいりました。

そして、昔からずっと憧れていた

『着物で京都』を実践してきました。



この時期はちょうど、紅葉まっさかりで、

ずいぶん前から宿を取らないといけなくて

毎年、あきらめていたのですが。



ようやく、夢がかないましたっ。





残念なことに、今年はずっと暖かかったので、

紅葉は3分~5分だったし

雨女のパワー全開。3日間連続雨(/ω\)でしたが。

京都の町を着物で巡る最高のお誕生日になりました!





私が、京都で大好きな場所。

ひとつが東福寺。

中学の時に修学旅行で行ってから

京都に行くたびに、毎回訪れる場所です。

でも、紅葉の東福寺は、激混みで・・・。

はぁ(-。-;)

紅葉で激混みなら、普段の私だけの東福寺でいいわ。

と、ちょっとさみしくなりましたが・・・やっぱり、キレイでした。
061129-1
061129-1 posted by (C)channel335




それから、数年前に京都通の方に教わったのが

円通寺。

誰にも教えたくない素敵なお寺です。

このお寺のすばらしいところは・・・

なんといっても

後水尾天皇が、比叡山の景色を得るために各所を回って、ようやくこの地を探し当てたという比叡山の借景!

1678年から守られているというこの借景を眺めていると

感動で涙が・・・必見です!
061129-2
061129-2 posted by (C)channel335


この、素晴らしい景観がいつまで見られるのか?

毎回思っていましたが、とうとう開発が決まり、

以前は禁止だった撮影も許可されていました。

なんだか、とても悲しいですね。

「変わりゆく」美しさもありますが、「変わらない」美しさ。

それを感じることができる場所だったのに・・・(T_T)

しっかりと、心のカメラにその美しさを焼付けるのでした。





そして、今回の京都の旅でどうしても行きたかった場所のひとつ。

それが、「喫茶ソワレ」です。

現在、一緒にお仕事させていただいている

Loule主催者である甲斐みのりさんが

ご自身の著書の中でも紹介されていて、

今回はぜひ行ってみたかったのです。



「これぞ乙女」的なカフェです。

ブルーのライトと、レトロでなんともいえないチープ感(?)が

別世界でとってもかわいいのです。

061129-3
061129-3 posted by (C)channel335


一番おすすめという、

「ゼリーポンチ」は臆病者の私にはオーダーできませんでしたが

「ゼリーコーヒー」をオーダー。

今も十分自分は「乙女」だと思っているけれど、

もっともっと幼い頃に憧れていた

「大人のおんなの子」になれた感じで

ちょっとキュンとする空間でした。





『秋の京都』。

『着物で京都』。

『三十路で京都』。





京都大好きだーーーーーーーーーーー!

住みたいっ。





京都に行きたくなったでしょ?

あ。今回行けなかったけど、

「写経」もお勧めです!

心が静かになって、無になる感じが

最高ですよ。



関連記事

コメント一覧

おー!京都!何気に修学旅行以来行ってないなぁ。あの時は2月だっけ?以上に寒かったよね(笑)
さくらの咲く頃にでも行こうかな。。。

私たちの修学旅行は3月でした。
さくらシーズンも激混みですので、
行かれる際は事前に計画的に行かれたほうがよいですよん(b^-゜)

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://ch335.blog34.fc2.com/tb.php/152-0d822faf

 | HOME | 

まとめ Design管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。