代官山・中目黒・恵比寿のイメージコンサルティングcolor&style+335 パーソナルカラー&骨格診断(骨格スタイル分析)による「似合う」のご提案
恋愛・婚活/ウェディング・ブライダル/イメージチェンジ/第一印象UP/マーケティング支援/各種セミナー・レッスン開催
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
CATEGORY: スポンサー広告   投稿者:misaco
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
人が生きていると、いろんなことがありますよねー。

人生、いろいろ~♪

なんて歌もあります。



そんないろいろある人生には

自分にとって

衝撃的な経験なんかも

もちろんあるわけで。









どうしても簡単に乗り越えられない経験

がトラウマとなって残ってしまう場合も

あるわけで。



前に進んでも

進んでも

常に「そいつ」がすぐ後ろ(というか頭上)につきまとっていたり

するわけで。



頭上を見上げてしまえば

大したことない小さなものかもしれないけど

見ることができなくて

気づかないフリをして

毎日を過ごしている感じ。



毎年9月30日になると

その頭上にいる「そいつ」が

舞い降りてくる

というか

よみがえってきて



「やっぱりまだ見れない(>_<)」



と思いながら



また頭上の「そいつ」を確かめられずに

新しい1年をスタートさせる。



いやな1年の始まり方。



でも今年。



私は少しその

頭上にある「そいつ」をチラ見することに

成功した気がする。



案外、大きかった(笑)



けれども

大きいと言うコトを

認められたのは

大きな一歩だと思った。



何だかわからず

怖がっているよりは

大きいと言うコトを

認められるだけ



大きな一歩。



人生のいろいろな出来事は

全部自分をつくっているけれど

特に影響しているコトがあって



良くも悪くもそれを

自分なりに

理解するためには



やっぱり

時間が必要で



それから

大切な人たちが

いてくれるということが

必要で



だから

私が頭上の

「そいつ」を

チラ見でも見られたことは

たくさんのありがたい

支えがあったからだと

思います。



もっときちんと見られるようになったとき

それは、

自分の人生の「いろいろ」に

「そいつ」を加えられるように

なるときだと思います。



認める。

ということかな。



誰にでも

どんな人生でも

いろんな出来事があります。



辛いことも

悲しいことも

楽しいことも

うれしいことも



全部

認めて生きていけるように

そのために生きているのかもしれない。



そして、



誰かが人生を認められる

支えになれるように

そのために生きているのかもしれない。



人って

忙しい生き物です。



2006年9月30日は、

私にとって大切な1日に

なったように思います。



ありがとう。


関連記事

コメント一覧

うん、色々あるよね。俺らの年になると特に色々。
ある特定の日になると思い出すことももちろんあるわけで。悪いことのほうが多いけれど。。
風化させるのではなく、認めて受け入れていく過程が、「大人になる」ということなのかもしれないね。
そういう意味で言えば俺もまだまだ子供ですが(笑)

うーん、いろいろ考えさせられました。
俺も結構衝撃的な経験をしてきたと思うけど、トラウマってなったことがないんだよね・・・。
ただ遠い記憶の中には、こんなこともあった、あんなこともあったと冗談を交えながら話せる強烈な過去はあるよ。大小かかわらずにね。
それって「認めた」ってことなのかな?「大人になる」過程で過去を認めていくんだろうけれども・・・。
捨てるものが多くあるのもまた事実ではないでしょうか。
簡単に捨てることができる人が、簡単に大人になっていく・・・。
それってわかるような気がするね。
俺もいくつも過去に捨ててきたような気がする。
でも後悔はしてません。なぜなら「今」と「未来」が一番大切だから。
単純なんだろうな~。俺って。

「認める」ということには、「捨てる」ということも入るのかもしれませんね。。。
だって、「認め」ないと「捨てられ」ないから。
反対に、過去を捻じ曲げてしまったりして自分をカバーしようとすることは、まだ「認め」られてないということかな。
でも、それはそれでよし。
それも過程だと思うから。
「今」と「未来」を大切に思えるということが、一番大切だと私も思います。

人生はどれだけ楽に暮らせるかだと思います。
壁を乗り越えたほうが結果楽な場合のほうが多いですが、時には目をふさいでしまったほうが楽な場合もあります。
時間が風化させてくれることか否か。
もし、目をむけて少しでも楽になったのなら、もう一歩踏み出してもいいかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://ch335.blog34.fc2.com/tb.php/132-92541012

 | HOME | 

まとめ Design管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。