代官山・中目黒・恵比寿のイメージコンサルティングcolor&style+335 パーソナルカラー&骨格診断(骨格スタイル分析)による「似合う」のご提案
恋愛・婚活/ウェディング・ブライダル/イメージチェンジ/第一印象UP/マーケティング支援/各種セミナー・レッスン開催
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
CATEGORY: スポンサー広告   投稿者:misaco
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
今の気持ちです。





「今の気持ち」のつづきを読む...


スポンサーサイト
CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
雑誌の特集でも

「セレブファッション」や「モデルファッション」を

チェックしたようなものがたくさん見られます。


「「こんな感じのありますか?」にお応えします。」のつづきを読む...


CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
今日のニュースでこんなものがありました。



キャッチボール:公園禁止、増えているが 規制緩和の動きも--昭和公園、一部解禁



そういえば。本当に最近見かけないですね。

キャッチボール。

確かに、公園に行っても「禁止」の表示が目に付きます。






記事にもあるように

「かつては記念公園のどこでもキャッチボールができたが、何かあったら管理者の責任が問われかねない」(昭和管理センター)


確かに、何かがあったら

管理者の責任が問われる時代。



メーカーという立場上、

商品開発の現場を見ていても

「ここまでか!」

と思うくらいたくさんの検査や品質基準があって

世の中にモノを送り出す責任の重さを感じているので

その管理者の立場も理解できます。





でも、

■迷惑をかける。

■他人に危なくないように気をつける。

■みんなの公園だから、譲り合う。

とかっていう基本的な行為を

したことがない。

する機会がない。

子供たちは

それで大丈夫なのかしら?





大丈夫か。

大丈夫じゃないか。

といえば。

大丈夫だと思うけど。



私は、ちょっと疑問を感じる。



自分がやられて嫌なことはしちゃいけない。とか

みんなが気持ちよく一緒に使うコトを学ばせる。ことより

危険を回避することが優先されるほど

危険がいっぱいの世の中になってしまったのでしょうか。



でも、「危険」を知らないということは。

自分が与える害の可能性を知らずに育ってしまうのと同じで。

その方がずっと

危ないような気がします。



何も無理やり危険な目にあわせる必要はないですが

そういうことって、「教科書」や「ビデオ」で

「これは危ないですよ」と教えることではなくて

日々の生活の中で覚えることだと思うし。



そうやって、

考えたり、気にしたりする機会が減ってしまうというのは

目に見えての変化はなくても

この先10年後20年後の世の中に影響してくるのではないかしら。

とか思います。



ですから、今回。

こういった規制緩和に向けての取組みがされたことは

とてもステキなことだと思うわけです。



でも、やっぱり

「安全でないボールもあること」

を教えることも大切で。

「守られている」ということを

きちんと理解した上で、使うことを教えていって欲しいですね。





自分に子供がいたら、

こうは思わないのかな???

やっぱり、危険を減らすことを重要視してしまうのかな?



皆さん、どう思いますか?





あと、私が最近気になるのは



電車に乗った時。

とにかく、

「ドアに挟まれないように!」ということを促す

アナウンスが何度も繰り返され、丁寧なこと。

ドアのそばにいたら、挟まれるに決まってるのに…。

注意しなくて挟まったら、駅員さんを攻めるのですか(>_<)?



難しい世の中ですネ。



CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
社内で新規事業を立ち上げたり

業務の拡大を行おう!というのは

よくある話で。







私がいるこの

「ガールズプロダクトプランニングオフィス」

という

長い名前の組織も。

通常のバンダイが狙っているターゲットとは

違う新しいターゲットに向けて

いかに新しい価値を提供できるか。

そして、

会社の新しい価値を創造できるか。

ということを

目指して作った組織です。



プロジェクトを立ち上げてから

さまざまな企業の同じ志を持つ組織の方々と

お会いしました。



どの企業の方も

現状立ちはだかる壁を前に

どうやってそれを乗り越えるか。

いかに壁を壊すか。

を悩んでいらっしゃいます。



私もたくさんの壁があったので

壁を壊すためにプロジェクトを立ち上げてみたら

・・・。

「プロジェクトを運営するため」の

新しい壁の存在があるということを知りました。



結局、壁ばかりです(笑)





でも。

考え方を変えたら楽になりました。





「いままでのやり方を変えよう」と思わない。こと。





「新しいやり方を創ろう」と思うこと。





たったこれだけのことで

ぐんと可能性が広がった気がします。



「結局、気持ちかよ\(*`∧´)/」

なんていわないでください。



気持ちが折れてしまっては

プロジェクトは進行しません。



強い意志を持って

強く想い続けること。



これも結構大変だったりします。



何かを変えようとすることは、

そんなに簡単ではないです。



だったら、自分の気持ちを切り替えてみる方がずっと簡単です。



気持ちがあれば、アイデアも生まれます。

人も動かせるかもしれません。

動かせなくても辛くないかもしれません。



そんな風に思います。



今日は、ちょっとまじめな話でした。







ところで





『新規』という名前は好きではありません。

一生手がとどかなそうだから。かな?

「明日」みたいな感じ?



私は、新しいモノを創りたいのではなく

私の心の中にあるものを

具現化していくのみです。

それは、今ココ(私の心)にあるものだからです。

これも「気持ちの問題」?でした(笑)



がんばりませうp(^-^)q
CATEGORY: [2005.01-06.12]   投稿者:misaco
今日はポカポカ陽気ですね(*^▽^*)



でも、「二十四節気」では今日は立冬です。

日中はポカポカ陽気でも

夜になるとぐんと冷え込むようですよ。






今朝、いろんなチャンネルの天気予報を見ましたが

どのチャンネルでも大体

「夜には冷たい空気が入ってくるので急に冷え込んでくるようです」と言っていました。

うかれて薄着で着た方は、風邪に気をつけてくださいね(^v^)



さて、今日の天気予報では

「木枯らし1号が吹くかも」とも言っていました。

この「木枯らし1号」って、なんで木枯らし「1号」なのかしら?

ふと。不思議に思いました。



だって、春に吹く風は春「一番」なのに…(>_<)



おかしいぢゃない!?





こういうことらしいです。



「春一番」は、西日本の漁師の間で

春の突風を恐れて呼んでいた風の名称が徐々に広まり

気象用語になったもので

言葉の発祥の地といわれている壱岐には、

「春一番の塔」が建てられているようです。



対して、「木枯らし1号」は、1965年頃

気象庁の職員が使い出した言葉が広まったのが発端らしく

東京と大阪で晩秋になって最初に吹く木枯らしを

「木枯らし1号」としてお知らせしているようです。



なるほど。

確かに「1番」は気象用語っぽくないですね。

台風だって「号」でカウントするし。



あー。すっきりしたぁ(≧▽≦)



冬支度、ばっちりですわ。



では、いよいよ。

冬の始まりですね。



*気象庁のホームページに「春一番」の語源載ってます。ココから

*「春一番の塔」がある壱岐市のホームページはコチラ
061107haruichiban
061107haruichiban posted by (C)channel335


 | HOME |  »

まとめDesign管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。