代官山・中目黒・恵比寿のイメージコンサルティングcolor&style+335 パーソナルカラー&骨格診断(骨格スタイル分析)による「似合う」のご提案
恋愛・婚活/ウェディング・ブライダル/イメージチェンジ/第一印象UP/マーケティング支援/各種セミナー・レッスン開催
05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
CATEGORY: スポンサー広告   投稿者:misaco
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
17:57
火曜日ですねー。

さて。火曜日なので「色彩・パーソナルカラー」についてです。
色彩についてでも、パーソナルカラーについてでもこの先話を進めていくと
避けては通れないお話があります。

基本の「き」なのですが、結構「理科」的な要素があり、
苦手とする人も多そうなので今まで書かなかったのですが(笑)

さすがに、避けて通れないので、今日はその話を書きたいと思います!


それは
「色の三属性」!!


ぎゃあー!!(>_<) 嫌いにならないで。


難しく言ってごめんなさい。


つまり、「色がどんな色なのか?」というのを決める要素です。


それは、「色相・明度・彩度」という3つで分けられます。

こんな感じ。


(1)色相=どんな色味?  → 赤、青、緑、黄・・・黒、白など、いわゆる「色」のことです。

先日の記事でも出てきたPCCSの色相環ですが、これがまさに「色相」ですね。

140701-01.jpg

印刷物などを制作したり、コピー機のトナーを見たことのある方なら
「CMYK」という言葉を聞いたことがあると思います。

C=シアン、M=マゼンダ、Y=イエローです。これは
「色料の三原色」といって、この図をみていただけるとわかると思いますが
このうちの2色を混ぜることで間にある色(シアンとマゼンダで青系・紫系など)ができています。
また、この三色を混ぜると黒になります。
(ちなみに、これは染料や印刷インキの話で、TVモニターなどの色の表示は色光の三原色RGBで、こちらは混ぜると白になります!)

コピー機を思い出していただくとわかるように
この色料の三原色に白と黒を足してあらゆる色をつくることができるわけです。(シルバーとかは別として)


・・・・おっと、道がそれる~。
色相、なんとなくわかっていただけましたか?笑


(2)明度=どんな明るさ? → 白黒コピーしたとして、黒い部分が明度が低く白い部分が明度が高い色です。

モノトーンのグラデーションだとわかりやすいですね。
140701-02.jpg

先ほどの色相環をモノクロにしてみました。
8番の黄色がもっとも明度が高く20番の色がもっとも明度が低いということがわかりますよね。

140701-03.jpg


さて、最後です。
(3)彩度=どんな鮮やかさ? → 同じ色相の場合、いわゆる「純色(色料の三原色を混ぜてできた色)」がもっとも鮮やかな色です。
それに白や黒を混ぜていく(絵の具で想像してください)と彩度が低くなっていきます。
だから、赤い絵の具に白を混ぜてピンクをつくる。赤はピンクより彩度が高い、ということです。

下図は、それぞれの色に黒を混ぜた例です。
140701-04.jpg


簡単に、簡単に、と思いつつも少し難しくなっていたらごめんなさい。



兎にも角にも 色は
色相 ☓ 明度 ☓ 彩度 で決まってるんですよ♪


だから、
色相=青 ☓ 明度=高 ☓ 彩度=低

っていうとこういう色

140701-05.jpg

って、想像できたりしちゃうんです。


難しくなってきましたか??
でもこれ実は、みなさんが結構使っていると思われるカメラアプリとかで
写真の編集機能にはいってたりしますよ!
「明るさ」「彩度」「色味」とかそんな感じで。

なので、ぜひお持ちのカメラアプリでモノクロにして明度を見てみたり
色々遊んで「色の三属性」を感じて見て下さいね♪

今後お話の中で「彩度が高い」とか「明度の差がある」とかそういう
言い回しが出てくると思いますので、よろしくお願いします。


さて。
最近、Yahoo!が断捨離をしているのか色々なサービスを終了していますよね。
(あ、気のせいかもしれませんが)

でも、よくメールが届きます。「○○サービス終了のお知らせ」とかなんだとか・・・。
昔なつかしのメーリングリスト(メールグループ?)とかならわかるのですが、
開始して間もないアプリまでが・・・そして一度UPして世の中に出回っている
自分の情報がそのアプリからしか更新できないのですが
尻切れトンボで非常に困ります(涙)

まだ、サービス終了していないのにアプリがサーバーにつながってないとか・・・
結構乱暴だなぁと感じる日々。
それならせめて、PCからも編集できるようにしてほしいかったなぁ。

って、ここで言ってもしょうがないのですが
最近気になっていることです(笑)


では、明日は水曜日~「骨格談義(*´艸`*)」です。
そして今日はこれから“ひと運動”してきます!!



スポンサーサイト
CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
23:59
火曜日、色彩学・カラーです。

さて、前回、前々回と色の「重さ」そして「温度」についてお話を書きました。
 → 【色彩心理】色の“重さ”と配色
 → 【色彩】暖色系・寒色系ってどんな色?


今日は「色と距離」です!

「色に距離??」、あまりぴんとこないかもしれませんが
「進出色」と「後退色」と呼ばれ、同じ場所にあっても進出して見えたり後退して見えたりすることがわかっています。


進出色は主に暖色系の色で、
後退色は主に寒色系の色です。

そして、同じ暖色系でも明度が高い(明るい色)のほうがより進出して見えます。

実際に私たちの身の回りにこんな事例があります。

次のうち、もっとも事故が多い車は何色でしょうか?

(1)赤
(2)青
(3)灰色
(4)緑



140624-01.jpg


↓↓↓正解は↓↓↓↓


(1)青
(2)緑
(3)灰色
(4)赤

です!


意外!と思われる方も多いと思いますが
これこそ、進出色・後退色が作用していると言えます。

つまり青い車は寒色系で後退色であり、近づいていても遠く感じる
逆に赤い車は暖色系で進出色ですので、遠くにいても近く感じる
この「近くにいても遠くにいる」と誤認してしまうことが事故の原因のひとつと言われています。


この色の「距離感」の活用事例としては他に
店舗のディスプレイがあります。


商品を並べるときに中央に暖色系を持ってくることで
商品の豊富感を出すことができます。



それから資料作りの中でも

例えば、3D棒グラフをつくるときに前後の色を
このように、前=青、後ろ=赤にするよりも
140624-03.jpg

後ろに青、前に赤を持ってくるほうが“しっくり”くると思いませんか?
140624-04.jpg


こんな風に、色の距離感を意識して使ってみると
今までより少し見やすい資料が作れたりするかもしれませんよ。


今日はちょっと盛り沢山でした。
そして時間ぎりぎり・・・。



あ、W杯はグループリーグ運命の第3戦ですね。
明日もお仕事に応援にがんばりましょう~♪



CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
21:13
今日は1日お台場でお仕事でした。
つ、つかれたぁ。。お台場ってやっぱりアクセス悪いのが辛いですね。
往復だけでも疲れが・・・。

さて、火曜日の今日は「色」のお話です。
パーソナルカラーのところでもちょいちょい書いていますが
よく「暖色系」「寒色系」っていいますよね。

具体的にどういう色が属しているのかってご存知ですか?

はい、質問です!

次の色を暖色系と寒色系に分けてください。

(1)赤
(2)黄
(3)緑
(4)青
(5)紫

下の図はPCCSの色相環(日本色彩研究所によって開発されたカラーシステム)です。
こちらを暖色系と寒色系で区切りの線をいれてみるのもいいですね。

140617-01.jpg


いかがでしょうか?
わかりましたか?

さて、回答です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

暖色系
(1)赤
(2)黄

寒色系
(4)青

このようになります。
では、残りの緑と紫は??
このふたつは、「中性色系」と呼ばれます。


どうですか?
あっていましたか?

先ほどのPCCSの色相環を分けてみるとこのような感じです。
140617-02.jpg


では、それぞれの特徴・効果について簡単にご説明しますね。

◆暖色系◆
太陽や火を連想して暖かさを感じる、
暖かい色、熱い色を暖色といい、興奮色とも呼ばれています。
また、大きく感じる膨張色でもあります。


◆寒色系◆
水や氷のイメージで、ひんやりとした感じです。
寒い色、冷たい色を寒色といい、沈静色とも呼ばれています。
また、小さく感じる収縮色でもあります。


◆中性色◆
暖かくも冷たくもない中間の感じです。



このように分けられます。
「暖色系」「寒色系」は色の分け方としては
もっとも一般的だと思いますし、色々な色彩心理の説明でもでてきますので
今一度ご説明させていただきました♪




さて、今日のお台場は朝から何やらすごい行列ができていました。
誰か来るのかなぁと思っていたら、韓流スター?的な方(キム・ヒョンジュン?さん)のCD発売イベントだったとか。

とにかく、キャーキャーとすごい盛り上がりでした。
私自身、今まで生きてきてアイドルやタレントにそこまでハマったことがないので
そのパワーに、ただただ圧倒されました。

140617-03.jpg


と、同時にあれだけ多くの人をハッピーにできる
“有名人”というのはすごいなーと思ったりもしました。




CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
23:37
火曜日は、パーソナルカラー・色彩学です!

早速ですが
色に「重さ」があるというのをご存知ですか?

わたしたちは、明るい色ほど軽く、暗い色ほど重く感じることがわかっています。

過去の研究において、「白い箱」に対して「黒い箱」は約2倍(白:黒=100:187)
の重さを感じるということ結果が出ています。


ある工場でのことです。
従業員から「箱が重すぎて運べない」という苦情が出ました。
そこで、箱の色を暗い色から明るい色に塗り替えたところ
今までの苦情がぴたりとなくなったそうです。


この色彩心理を応用した事例はわたしたちの身近にもあります。

引っ越しのダンボールに白が使われているのもそのひとつです。
140610-02.jpg


反対に、金庫の黒やグレーなどの暗い色は「重くて持てない」というイメージを持たせるためです。

ボウリングの球は、軽いものから重いものへ
明るい色から暗い色になるようにカラーリングされていますよね?


さて、これをファッション配色に応用するとどうでしょうか?

(A)下半身に暗い色、上半身に明るい色を持ってきた場合

(B)下半身に明るい色、上半身に暗い色を持ってきた場合

それぞれの印象はどう変わるでしょうか?


(A)はバランスがとれた安定感のある印象になり
反対に
(B)は、アンバランスな印象になり、躍動感が生まれます。


これを応用しているのがスポーツのユニフォームです。

140610.jpg


野球もサッカーも

全てではないですが、かなりの割合で
下半身に白など明るい色、
上半身に青や赤や黒などの暗い色
の組み合わせになっていますよね。



このように「色彩学」を知らなくても
私たちの生活は「色」であふれ
そして、知らないうちに「色」を活用しています。


改めて「色」を知りたい、学びたいという方に向けて
+335(プラスサンサンゴ)では、AFT色彩検定対策講座も行っております。
今のお仕事に色の知識をプラスしてはいかがでしょうか?

詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ。
http://plus335.web.fc2.com/contact.html










CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
19:38
無事一週間、決めたとおりにブログの更新ができました。
ほっ( ´∀`)

たった週4(月、火、水、金)ですけど
がんばりました(笑)

引き続き2週目も頑張りたいと思います。
火曜日は「色彩学・パーソナルカラー」の日です。

先週、「パーソナルカラーとは?」という基本的な情報を書きましたので
今週は続きとして
「パーソナルカラーの分類法」について書きたいと思います。


これまで普通に、「スプリングの方は~」なんて書いてましたけど
実はわからない方のほうが多いですよね。すみませんでした。


さて、+335(プラスサンサンゴ)ではパーソナルカラーを「フォーシーズン法」という
分類法を使って診断しています。

パーソナルカラーときいて
「私には何色が似合うのでしょうか?」
と言われる方がいらっしゃいますが
これは合ってるようであってません。

パーソナルカラー診断ではもちろん、一番似合う1色を決めることもしますが
「似合う色の傾向」を分析することがメインです。

なので、「赤です」「青です」
のような診断結果にはなりません。

たとえば、「鮮やかでクリアなカラー」が似合う人なのか
「少しグレイッシュな落ち着いたカラー」が似合う人なのか
そういうふうに似合う色の傾向を分析します。
そして、その中にはそれぞれに「赤」があり「青」があります。
なので、「こういう赤はOKですが、こういう赤はNGですね」ということになります。

細かいことをいうと、これは色の三属性「色相・彩度・明度」と「トーン」を
見ていることになりますが

「あなたは彩度が高めで明度は中明度の中間色が似合いますね」とか言っても
「???」となりますよね(笑)

なので、たーくさんある色をあるわかりやすいグループに分けて表現しているのが
色を四季のイメージで分類した「フォーシーズン法」というわけです。

それぞれの季節のイメージなので、感覚的につかみやすいと思います。
(それですぐにすべての色を見分けられるかどうかはまた別ですが・・・)

それでは、それぞれのカラーグループ(シーズン)の特徴を簡単に


 ◆スプリング(春)◆

イエローベースであたたかみのある色のうち、
春の野山に咲く花々のようにカラフルで軽やかな色味のカラーグループです。
【キーワード】キュート・若々しい・元気な・ポップ・軽やか・アクティブ

140603-01.jpg



 ◆サマー(夏)◆

ブルーベースでクールな色のうち
紫陽花や月見草のように涼しげでソフトな色味のカラーグループです。
【キーワード】ソフト・優しい・エレガント・ロマンチック・さわやか・フェミニン

140603-02.jpg




 ◆オータム(秋)◆

イエローベースであたたかみのある色のうち
秋の野山の紅葉を思わせる深くて複雑な色味のカラーグループです。
【キーワード】ナチュラル・シック・ゴージャス・落ち着き・知的・リッチ

140603-03.jpg




 ◆ウィンター(冬)◆

ブルーベースでクールな色のうち
クリスマスカラーのような鮮やかではっきりした色味のカラーグループです。
【キーワード】シャープ・印象的・クール・個性的・コントラスト・ドラマティック

140603-04.jpg


このような感じです。

「このカラーグループの色が好き」という好みがあるかと思いますが
前回も書いたように好きな色と似合う色は必ずしも一致しません。

けれども、似合うカラーグループというのは必ずあります。
(もちろん、2つ以上のカラーグループがお似合いになるパターンもあります)

似合う色の傾向(カラーグループ)がわかると
同じカラーグループでお買い物をするようになり
お家のクローゼットに統一感が出てきます。
そして、その中でのコーディネートもしやすくなります。

ただ、色を見分けるというのはそんなに簡単ではないところもあり
一度聞いても実際にお店に行くと迷ってしまうこともあるかと思います。

プラスサンサンゴでは、アフターフォローもしていますので
そんな時はメールにて何時でも何度でもご相談ください!(3ヶ月間無料)

また、ショッピングレッスンとして
実際のショップでお似合いになるアイテムを一緒に見ながら
「選ぶ力を身に付ける」というプランもご用意しています。

せっかくの診断結果を日々のファッションに活かせるように
サポートさせていただいております♪

今日は長くなってしまいました。
言葉で伝えるのがなかなか難しい情報でしたが
少しは伝わっているとうれしいです。
最後までお読みいただいてありがとうございました(≧∇≦)


明日も書けるかなぁ。笑


CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
08:00
そもそも、パーソナルカラーって何?というお話を
一度も書いてなかったことに気づきました!!

と、いうことで、今日は「パーソナルカラー」についてです。

パーソナルカラーというのは一言で言うと「似合う色」です。
「似合う色」とはその人の魅力を最大限に引き出すことができる色です。

「パーソナルカラー」を身につけると
・顔色が明るくいきいきして見える
・フェイスラインがすっきりして見える
・肌にハリや透明感が出て若々しく見える
・シミ、しわ、くすみなどの肌トラブルが目立たない
・相手に好印象を与えることができる
など…

の効果があります。

なぜこういった効果が起きるのか?というと

色を組み合わせることを「配色」といいますが
その配色が私達の肌の色、髪の色、眼の色など持って生まれた色と
身に付けるお洋服やメイクの色との間で起きているわけです。

配色のバランスによってはよい調和が起きたり、
その逆の場合もあります。

調和がとれた状態になると、肌の色や眼の色、髪の色
がより輝き、その逆だとくすんで見えてしまったりします。

例えば、同じ色の服やメイクでも
友達が身に付けると「似合う」のに、自分が身につけるとなんだか「似合わない」
ということが日常的にあると思います。

これをきちんと「どういった色が良くて、どういう色が苦手」かを分析することを
「パーソナルカラー診断」といいます。

色の分類については次回書きたいと思いますが
「パーソナルカラー」=「似合う色」は「好きな色」とは必ずしも一致しません。

「似合う色」を知ることで
買ったものの「なんか着ない」服がかなり減るかと思います。
私がそうでした(笑)

それから、今までチャレンジしたことのない「似合う色」を見つけることもでき
イメージチェンジやイメージアップも可能です。

実際に色布を当てて見てみると
驚きの結果です。

ぜひぜひ、「似合う色」を知って
更におしゃれを楽しんでください♪

140527.jpg
写真は、実際の診断の時のものです。
ひとりでやっているので診断時の写真がなかなか撮れません・・・
そして、いつも説明に夢中で写真撮り忘れます。。笑


 →パーソナルカラー診断詳細はこちらから






CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
19:55
こんにちは。
代官山のイメージコンサルティング+335(プラスサンサンゴ)です。

今日はお天気良かったですね。
でも、どうやら明日はお天気崩れるみたいです。
いよいよ雨の季節でしょうか。


さて。+335では、パーソナルカラー診断をするときに
事前ヒアリングを通して
その方の「なりたいイメージ」、「趣味」や「仕事」それから「個性」を
総合的に考えて色選びを行いシーン別にご提案しています。

その中で、いつもは身につけないような派手な色だったりとか
ちょっとチャレンジカラーみたいなものも入れることがあります。

で、使い方として色々あるのですが
一つのご提案として、雨具に取り入れてみるというのはどうでしょうか?

レインコートとかレインシューズとか、傘とか!そういうのです。
普段の服装と少し違って遊びを入れたりチャレンジしたり
気分を変えてみるのにおすすめです。

シーズン別にイメージが伝わるようにコラージュ作ってみました(≧∇≦)

140514.jpg

どうでしょうか?
いつも同じ傘ばかりではなくたまには違う色や柄の傘を取り入れてみたら楽しそうですよね?
ちなみに、

色の使い方にも特徴があります!

スプリング<春>の方はカラフルな多色使いもお似合いになるのでそういう柄や色使いも◎
ウィンター<冬>の方は2色のコントラストがはっきりしたような柄や差し色で雨具を取り入れるのも◎

サマー<夏>、オータム<秋>の方はあまり多色使いやコントラスト感というより
同系色でまとめたような色使いがおすすめですよ。

もちろん、お洋服とのトータルコーディネートですので、そこは考えてくださいね!


診断を受けたあとで色の取り入れ方に悩んでいる方は
3ヶ月以内は何度でもご相談に乗りますのでぜひお問い合わせくださいね。

また、ショッピングレッスンというプランもございます。
実際の売り場で商品を見ながら、
パーソナルカラー診断や骨格診断の結果を活かした
お洋服選びのスキルを更に身につけていただけるプランになっています。


雨が続くと少し憂鬱ですが、
雨の日にしかできないファッションを楽しみましょう♪


misaco



CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
この週末は2日間とも久しぶりに朝からずっと勉強でした。
「AFT色彩講師養成講座」というものを受講していました。


AFT色彩検定の1級に合格すると
色彩講師の養成講座を受講する権利が与えられます。

「権利が与えられます」というのは、
全員が受講できるわけではなく、受講するための書類選考(作文?論文?提出)があるからなのですが

無事書類選考にパスしたということで、この週末から講座に出席しています。

今月から毎月2日、全12回です。


この「色彩講師」に関しては情報が非常に少ないわけですが、少ないなりに
いろいろ調べると、とにかく「大変」「大変」という情報が出てきます。


が、まぁ大変といってもそこそこでしょう。と
いつもの通りなんとなく軽く考えて臨んだ2日間でしたが…

うーん。。



大変^^;



です。



正確には




これからどんどん




大変(;´∀`)


になっていきそうです。
(すでにちょっと大変です)



まぁ、1級合格→書類選考の上に、決して安くない受講料を収めており
なおかつ受講したからといって必ず認定されるわけではない(実技試験とレポート提出がある)
というなかなかのハードルを設けているものなので、
そう簡単であってもいけないとは思いますが。



わずか2日間にして色彩学の奥深さ、幅広さを
ひしひしと感じ、ちょっと恐ろしささえ感じています・・・。


そもそも私がAFT認定の色彩講師になりたいと思ったのは
やはり「色彩学」をより深く知り、そして常に新しい情報を研究し続けたいと思ったからです。

「試験を受けて終わり」では、知識は広がることはなく色あせていく一方ですが
人に教える立場になれば、それ相応の勉強や研究を余儀なくされます。

そういう状況に自分を置くことで、常に新鮮な情報をお伝えしていきたい!と思いました。


読まなければいけない書物もたくさんありますし、
作らなければならないレポートや課題、発表など
1ヶ月に2日と言えども簡単ではない内容です
(もちろん色彩検定1級までのすべての内容を、すみずみまで深く理解しているということは大前提)


久々に「わくわく」よりも「びくびく」している状態ですが
日々のコンサルティング業務に活かせるように、また
ただ受かるだけなく色の楽しさを伝えることができる色彩検定の対策講座を開催できるように
頑張って行きたいと思います~。


ちなみに、認定講師じゃなくても色彩検定の対策講座をやってらっしゃる方はたくさんいます~。
(それこそ1級持ってなくても・・・)
まぁ、そういうのもありなのかな。。

140413-01.jpg



CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
パーソナルカラーの活用法として
お洋服や小物へ取り入れることはもちろんですが
男性と違い、メイクをする女性にとっては
一番お顔に近いメイクにそのカラーグループを取り入れることが
とっても重要!になってきます。


お洋服でさえ、顔色や肌つやが違って見えるのですから
メイクの色味があっているかあっていないかは
大きな違いですよね。


今日は、パーソナルカラー別の似合うチークの色をご紹介いたします♪

20140327.jpg 



* スプリング *

スプリングはイエローベースで暖かみのある色の中でも
鮮やかなお色味のカラーグループです。

チークを選ぶときには
「オレンジよりのピンク」系を選んでください。

コーラルオレンジ
コーラルピンク
ウォームピンク

などです♪




* サマー *

ブルーベースでさわやかな色の中でも
少しグレイッシュで落ち着いたお色味のカラーグループです。

チークを選ぶときには
いわゆる「ピンク(黄みのない)」系を中心に選んでください。

ローズピンク
クリアピンク
ディープレッド

などです♪




* オータム *

イエローベースの中でも深みのあるお色味のカラーグループです。

チークを選ぶときには、
いわゆる「オレンジ」系をお選びください。

サーモンピンク
サンタン
アプリコット

などです♪





* ウィンター *

ブルーベースの中でもクリアで鮮やかな色味のカラーグループです。

チークを選ぶときは
いわゆる「レッド」系もしくは、きれいな(鮮やかな)色をお選びください。

クリアレッド
ローズレッド
などです♪




ちなみに、同じイエローベース、ブルーベースの
スプリング&オータム、サマー&ウィンターは
同じ色でも使える場合が多いです♪


今日の写真は、キャンメイクの「クリームチーク」を使っています。
色々見たのですが、とっても色味がわかりやすいのと

私がブライダルの時にお世話になった
雑誌のヘアメイクなんかもやられているヘアメイクさんが
このチークを使っていて、とっても優秀だったので
こちらをご紹介しました。


パーソナルカラーを知っても日常に使えないと意味がないですよね。
色選びのヒントになればと思います~。





うん。めずらしく、ちゃんとした記事だ!!! (←自画自賛)
ためになりました?




代官山のイメージコンサルタント
パーソナルカラー診断&骨格タイプ別ファッションアドバイス
misaco


Facebookページ作りました。
「いいね!」ってやっていただいたら、何かお得な情報があるかも知れません(笑。。。未定)
そうしたいと思っています!

CATEGORY: パーソナルカラー   投稿者:misaco
パーソナルカラー診断をして「似合う色」と「好きな色」が違うというお客様
先日は多くいらっしゃいました。

「似合う色」と「好きな色」が一緒の場合は
「良かった~」となって、更にそれに追加して色の組み合わせやバリエーションが増えて
わくわく感がましてくるのですが

いままで購入していた色がことごとくNGカラーだったりすると
「全部買い替え??」なんて、結構落ち込んでしまわれる方もいます。

もちろん、サクセスカラーと言われるもっとも似合う色はぜひぜひ身に着けていただきたいですが
今までの持ち物を全部変えるというのは、現実的に無理…ですよね。

そういう場合、まずは時計のベルトとか
そういう小さいところから取り入れていただくのがおすすめです。
少しずつ似合う色にシフトしていくと、違和感なくクローゼットの中が整理されていくはずです。


かくいう私も、少しずつ少しずつ買うものに「似合う色」が増えていって
この4年くらいでかなり統一感のあるクローゼットになりました。


「似合う色」を知るメリットはいろいろありますが
色味の軸がぶれないので(同じカラーグループから選ぶ)
色々な色の服を買っても、組み合わせがしやすくなりコストセービングになるということが
とても大きいと思います。


すぐにわかることではないですが、じわじわとその効果がわかるかと思います。


「カラーグループ?」と思われた方もいらっしゃると思いますが
+335(プラスサンサンゴ)では、パーソナルカラー診断を
四季のイメージにあわせて4つのグループに分けた「フォーシーズン法」というのを
採用しています。

同じシーズン(スプリング、サマー、オータム、ウインター)の色は
ベースカラーとトーンが同じになるので、自動的に配色しやすい色同志が集まっています。
言葉ではなかなか説明できないのでこの辺は次回以降また書きたいと思います!


 | HOME |  »

まとめDesign管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。